求人サイトで見るwebエンジニアの定年

webエンジニアとして働くには基本的に年齢制限はありません。もちろん大学を卒業後だったり、労働基準法で定められた年齢制限はありますが、その制限に引っかからなければ20代から60代までいろいろな年齢の人が働いています。このようなwebエンジニアの定年ですが、もし正社員として雇用された場合ならだいたい65歳が主流となるでしょう。これは様々な求人サイト・転職サイトに掲載されている情報を見ていると、年齢について多くのことが分かります。それぞれの企業にもよりますが、60歳・65歳が主流となっているようです。ちなみに60歳で定年退職し、その後に65歳での属託という形での働き方もできる企業が増えています。65歳で定年退職したのなら70歳まで属託として再雇用される、という企業も徐々に増えている傾向があるのです。また、企業によっては定年退職制度が元からなく、ずっと働ける会社もあります。ただ、長いこと会社にいるとwebエンジニアとして働くのではなく更に上位工程に進む場合や、webディレクターやweb部門の部長などになり実質的にチームを統括する立場になることもあるでしょう。
このため、エンジニアとしてのスキルに不安を覚えることもあるかもしれません。ちなみにフリーランスとして働いたり、業務委託として働くのなら、その仕事の契約ごとに全く内容や待遇は違います。このため、契約内容をよく読んでから契約を行いましょう。基本的に年齢制限がなく、定年という考え方もないので、長く働きたい人には嬉しい制度でとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です